えほんをよむかい?in京都 第19回

2014年10月18日(土)は、
いつもの「家庭文庫 やかまし村」を飛びだして、
”お外で”えほんをよむかい?でした。

1回目は2年ほど前の5月の宝ヶ池公園。
青空の下は気持ちいい!と思ったのもつかの間、
あっというまに楽しそうな遊具の方へチリヂリになってしまい、
それからなんとなく外での開催はせずにきました。

でも今回は、下鴨神社の糺の森。
テーマは、秋の森遊び。
秋空のやさしい太陽の下、シートをひろげてあつまりました。

写真 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいしょに読んだ絵本は
『もりのかくれんぼう』(末吉暁子・作/林明子・画/偕成社)です。

morinokakurenbou

公園からの帰り道、近道をしようとして不思議な森に迷いこんだ女の子。
そこで出会った木の葉の色をした少年と、もりのなかまたちとかくれんぼうをはじめます。

 

 

 

もりにかくれている動物たちをさがして
「しってるー!」「ここだよ!」「あ!みつけた!」
写真 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵の中にかくれる動物たちといえば、この1冊も。

『もりのえほん』 (安野光雄、福音館書店)

morinoehon

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと小さいけど、見えますか~?動物たち、鳥たち。

morinoehon2

 

 

 

 

 

絵本のあとは、
それぞれに糺の森にちらばって、
落ち葉や木の実を袋いっぱいにひろって・・・

こんなもりのどうぶつたち・なかまたちがうまれました。

IMG_3332

 

 

 

 

 

ピノキオ~?

 

IMG_3336

 

 

 

 

 

ライオンさん

 

IMG_3337

 

 

 

 

 

みのむし

 

IMG_3338

 

 

 

 

おコン

 

 

IMG_3339

 

 

 

 

(もう少し葉っぱつけて)
はりねずみ~

 

 

IMG_3341

だれかな~

IMG_3340

 

 

 

 

 

IMG_3342

 

 

 

 

 

IMG_3343

 

 

 

そうじき♪

 

 

木漏れ日の下でおしゃべりしながらペタペタ作業は
ゆったりまったり。
子どもたちは、やってきた観光バスや近くを流れる小川に
気をとられつつ、戻りつつ、はしゃぐ声もおだやかに聞こえる
休日の昼。

あっという間にお昼になってしまいました。

 

でももう少し絵本も読みたい~。

と紹介&最後に1冊読んだ絵本たち。

 

『もりのなか』
(マリー・ホール・エッツ ぶん・え、まさきるりこ やく、福音館書店)
morinonaka

 

 

 

 

 

 

『もりのおばけ』
(片山健 さく・え、福音館書店)

morinoobake

 

 

 

 

 

 

『どんぐりのぼうけん』
(エルサ・ベスコフ さく、石井登志子 やく、童話館出版)

どんぐりのぼうけん

 

 

 

 

 

 

 

『どんぐりノート』
(いわさゆうこ と 大滝玲子 作、文化出版局)

dongurinote

 

 

 

 

 

もっともっと絵本を読みたい、

もっともっと絵本であそびたい、

そしての~んびり語りあいたい~

そんなことを思わせてくれたとっても気持ちの良い1日でした。
写真(1)

 

 

 

 

 

写真

 

 

 

 

 

 

 

また、お外でのえほんをよむかい?
したいと思います!

Posted in 日誌.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です