Tarabooksとは

BG_TARAWINDOWS

奇跡の出版社、
Tarabooksにようこそ!

南インド・チェンナイの小さな町ティルヴァンミユール。
街路樹の木陰が涼しい閑静な住宅街に、一風変わった建物が建っている。
三階建ての白い壁のビルディング。
大きくひらかれた窓には、さまざまなデザインの格子窓が
パッチワークのようにはめこまれている。
屋根近くの壁面は赤茶に塗られ、
ふしぎな生き物たちがいきいきと描かれている。
一階には全面ガラスのショーウインドウ。
白を基調としたシンプルな棚に色とりどりの絵本が並んでいる。

ここは「Tarabooks (タラ・ブックス)」。
1994年から美しい絵本を数多くつくり、
世界中の本好きたちを魅力しつづける、奇跡の出版社だ。

P1020696P1020701P1020543

Tarabooksの
宝物のような絵本たち

タラ・ブックスの絵本を手にした人は、
はじめ誰もがおなじ動きをする。
ごわごわとしたページをめくり、紙を撫で、
たちのぼるインクの匂いに誘われて、ページに鼻先を近づける。
本文用紙は手漉き紙。
印刷はすべてシルクスクリーンで刷られている。
造本は手製本。
通し番号がふられ、工芸品のように美しい絵本たちはまるで宝物のようだ。
絵本の挿絵の多くは、インド各地の少数民族たちが描いたもの。
彼らの描く動物や植物はふしぎな造形で、どこか間が抜けてかわいらしい。
代表作『夜の木(The Night life of tree)』、
『水の生きもの(Waterlife)』はボローニャ国際絵本展などでも高い評価をうけ、
日本語をふくめ、さまざまな言語で翻訳版が出版。
手刷り手づくりの絵本にもかかわらず数万部をこえるベストセラーとなっている。

P1020408P1020365P1020534

Tarabooksの本は
ここがすごい

●印刷
通常の絵本のようなオフセット(機械)印刷ではなく、
Tarabooksの絵本はシルクスクリーン印刷で刷られている。
1ページ1ページ、職人が手で刷っているため、紙にしっかりインクがのっていて、
指で触れるとインクの凹凸が感じられる。
ページをめくるたびにプンとインクの匂いがするのもいい。

P1020414

●用紙
絵本につかわれている紙は、
南インド・カルナータカ州でつくられたハンドメイド・ペーパー。
工場で大量生産される紙とは違い、色や質感にムラがあるが、
ふかふかした感触で、シルクスクリーン印刷との相性もいい。
P1020649
●製本
機械製本ではなく、職人さんたちが手作業で丁合をし、
糸をかがり、一冊一冊手で製本している。
オンデマンドで作られたものとは比べものにならないほど
しっかりとした作りで、持っていても安定感がある。
P1020689
●挿絵
絵本に登場する絵のほとんどは、
インド各地の少数民族たちが描いている。
中央インドの森や、西インドの砂漠に暮らす彼らの造形感覚は、
伝統的なインド画家とも、西洋画家ともまったく異なっている。
ヒンドゥー教やイスラム教などに属さず、
自然とともに暮らしてきた彼らは、動物や植物と同じ地平で、
自然や精霊を畏れ、いきものに対するやわらかな目をもっている。
P1020609
●絵本以外にも…
Tarabooksはシルクスクリーン印刷の絵本以外にも、
多くの書籍を出版してきた。オフセット印刷による絵本、しかけ絵本、
児童書(読み物)、演劇のワークブック、ビジュアルブック、写真集など、
テーマはさまざまだが、どの一冊をとっても作り手の愛情が感じられるものばかりだ。
また、スクリーン印刷でつくったポストカードも質が高く、
そのまま額装して飾りたいほど。絵本の刷り損じからつくられた
手製本のノートブック「Flukebook」などアイデアにあふれた
ステーショナリーも制作している。
P1020596