スライドトークを札幌でひらきます!

P1020353

「インドTarabooksのゆかいな本づくり」スライドトークが、
ついに札幌でも開催されることになりました。

手漉きの紙に、手刷りのシルクスクリーンで印刷し、一冊一冊手製本する、
インドの奇跡の出版社Tarabooks(タラ・ブックス)。
世界を見回しても類を見ない、美しい絵本に魅入られた装丁家の矢萩多聞が、
南インド・チェンナイにある彼らの工房を訪れ、写真を撮り、話を聞いてきました。
「本づくり」の原点と未来を感じさせる、アジアで最も熱い出版社。
その仕事をささえる、ほがらかな人びとのいとなみを紹介します。

本好きはもちろん、「働く」「つくる」ということにかかわるすべての人が
元気になるようなエピソードと写真満載でお届けします!

会場は札幌の「古本とビール アダノンキ」。
少しですがTarabooksの絵本と、ノート、グリーティングカードなども
持参して、会場で見たり購入したりできるようにしたいと思っています。
なお、席に限りがありますので、ご予約は早めにおねがいいたします。

「インドTarabooksのゆかいな本づくり」スライドトークin札幌
日時:2014年8月31日(日)18:00開場/18:30~
場所:古本とビール アダノンキ
札幌市中央区南1条西6丁目 第2三谷ビル2F (地図)
※東急ハンズの2軒西隣。
参加費:1000円(1ドリンク付)

案内人:矢萩多聞
画家・装丁家。1980年、横浜生まれ。中学1年で学校をやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。
95年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、個展をひ らく。
2002年から本づくりの仕事にかかわるようになり、これまでに350冊を超える本をてがける。
現在はインド、横浜、京都を行き来し、画家・装丁家 として活動中。
著書に『偶然の装丁家』(晶文社)、『インド・まるごと多聞典』(春風社)がある。
www.tamon.in

お問い合わせ:アダノンキ
adanonki@aioros.ocn.ne.jp TEL011-802-6837
WEBからのご予約はこちらのページからお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>