EHONWOYOMUKAI

「えほんをよむかい?」は、さまざまなテーマで絵本を持ち寄って、読み、味わい、楽しむ会です。
大人も子どもでも、絵本を楽しむ心をもっていれば、誰でも参加できます。

子どものころ読んだあの本、近ごろ子どもに読み聞かせているこの本…、
幼い日に感じた気持ちを思い出したり、日々の生活のなかで忘れてしまった世界のヒミツを探ります。

こんなのよむかい

 第29回 おひなさま 

 

もうすぐ3月3日 桃の節句。
お雛さまを飾って、ひなあられを食べたり、お祝い膳を用意してもらったり、
女の子たちはちょっぴりうきうきする春の訪れの季節です。
お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんは、
娘の成長にほっと胸をなで下ろし、すこやかな日々を願う時。

今回は、そんな”おひなさま”をテーマに、みんなで絵本を読んでみたいと思います。

そして、小さなころのお雛さまの思い出や、食べたもの、好きだった遊び、
大切にしていた人形やぬいぐるみのこと、子どもが生まれ、初節句を迎えたときのこと、
はたまた、人形にのせて伝えられる昔の知恵や、祖父母や両親の思いにもちょっぴり思いを馳せながら、
わいわいおしゃべりしてみたいと思います。

お雛さまの原型は紙雛だったと言われますが、
大正2年にかかれたおひなさまの絵本を楽しみ、折り紙でそのおひなさまも作ります。

(担当:林 飛鳥)

 

持ち物:おひなさまにまつわる思い出や、大切にしていた人形やぬいぐるみとの思い出。それらに伴う絵本があれば、ぜひご持参ください。(なくても大丈夫です)

お時間のある方はお昼ご飯をお持ちになって、「晴れたらいいな」さんでぜひゆっくりしていってください。

参加費: 1000円➡️500円(お茶、お菓子つき)

申し込み先:haru.natsu2017☆gmail.com(☆を@に変えて送信してください)まで、お名前と子どもさんの月齢、アレルギーの有無をお知らせください。
申し込み〆切は2/19(月)(それ以降はご相談ください)。
または、下記のフォームからもお申し込みいただけます。

★子ども連れ、大人一人での参加も歓迎。1時間半ほどみんなで絵本を楽しみます。

 

日時・場所

2018年2月21日(水) 10:30~12:00

会場:赤ちゃんと一緒のおかあさんのためのお部屋「晴れたらいいな」

京都市営地下鉄「烏丸御池」駅 6番出口より徒歩5分。
エレベーターのご利用は3番出口より徒歩10分程度。
京都市バス「新町御池」バス停より徒歩3分。

衣棚通り三条上がる、京都医健専門学校の北側。
「ちおん舎」さんの斜め向かい、「織司」の看板が目印です。

 
アクセスマップはこちら。
http://hareiina.exblog.jp/25124758/
 
 
★「晴れたらいいな」は、
昨年2月にオープンした赤ちゃん連れのおかあさんのためのフリースペースです。
誰かとしゃべったり、ぼんやりお茶を飲んだり、友だちに会ったりしながら、おかあさんがホッとできる場所をと、自身も1児の母であり、また臨床心理士である長岡夏子さんが自宅を開放されています。
街での用事や買い物の休憩にもアクセスがよく、ちょっと寄るとホッと休まる、心地の良い空間です。
 
開室日時:火・水・木  10:00~16:00
(上記の時間内ならいつ行ってもOK。祝日はおやすみ。)
利用料:1回 500円(お茶・お菓子付き)
 
対象:赤ちゃん~3歳くらいまでの子ども連れのおかあさん。妊婦さんも歓迎。
 
基本フリースペース。授乳、オムツ替え、飲食可能。
月に2回程度、交流会(新月のつどい/満月のつどい)を開催。
 
ブログ:http://hareiina.exblog.jp/i0/


参加される方は以下のフォームに入力してください。

またFacebookに公式ページをつくりました。
こちらのイベントページからも参加の表明ができます。
席にかぎりがありますのでできるだけご予約ください。
ただし、タイミングによっては
当日参加ができる場合もありますから、
お気軽にお声かけください。

お名前

メールアドレス

住所

連絡先(携帯電話か固定電話)

参加人数
大人  子ども 

メッセージ

 チェックしてください。

 

「えほんをよむかい?」は2007年から毎月東京で開催されていましたが、
2012年夏から場所を京都に移して、再スタート。
ほぼ月一回のペースで会をひらき、年齢、性別、職業、国籍を問わず
いろいろな方に参加いただけたら、と考えています。
過去の内容は参考までこちらにリストアップしてあります。